一つは揃えておきたい!!『おススメのオイルランタン 4選』

どーも、amabouです。

 

amabou
amabou

「キャンプ用品でオイルランタンがあるけど、どうなの?」

「暖かく、良い雰囲気を出すランタンです。」

amabou
amabou

「明るいの?」

「メインで使うような明るさではありませんが、LEDランタンでは出せない雰囲気を出します。一つは持っておいてもいい道具です。」

「今日はおススメの非加圧式のオイルランタンの4選を紹介しましょう。」

 

【こんな人におススメのブログになっております】

『オイルランタンとは?』

『オイルランタン購入を考えているけどどれがいい?』

 

スポンサーリンク

オイルランタンとは

lighted kerosene lantern -

オイルランタンとは、、、、

ランタンの中にオイル(パラフィンオイルなど)を入れて着火して使うランタンです。

昔、理科の授業で使ったことのあるアルコールランプの原理です

 

普通のLEDランタンはメインで使えそうなくらい明かりが出ますが、オイルランタンは手元を照らすくらいです。

 

ただし、雰囲気でいえばLEDランタンではでない、火の暖かさが感じられます。

 

値段もピンキリでお手頃のものもあります。

 

スポンサーリンク

amabouおススメ オイルランタン(非加圧式) 4選

非加圧式とは、、、

ランタンにオイル入れて火をつけたらオッケイの簡単なオイルランタンのことです。

カメヤマキャンドルハウス オイルランタン

  • 値段:2,700円ほど
  • 特徴:ローソクメーカーのカメヤマからでたオイルランタンです。ススが出にくく、低価格です。雰囲気作りにはバッチリです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)オイルランタン

  • 値段:2,500円ほど
  • 特徴:有名な鹿番長。鹿のマークが私は好きです。火が付いた時に綺麗に模様が出ます。サイズが(大、中、小)あり、ソロキャンの人は小サイズがおススメ。

フュアーハンド(FEUERHAND)オイルランタン

  • 値段:4,500~8,000円ほど (変動あり)
  • 特徴:有名ランタンです。芸能人も使っていることが多く、YouTubeでもおススメ率が高いランタンです。長く使える一品で代々使っている人もいます。最初のランタンとしておススメです。ドイツ産。

デイツ(DIETZ)ハリケーンランタン

値段:5,000円~9,000円ほど

特徴:前のフュアーハンドとあまり変わらないほどのランタン。光量は、間接照明程度。ただ、この火に癒される人が多い。アメリカ生産。


定番は、フュアーハンドとデイツです。

光量は、どれも間接照明程度ですが、雰囲気は間接照明以上のムードを出します。

 

手軽で値段も1万円出すと買えるお買い求めやすいです。

 

非加圧式 オイルランタンに必要なもの

ランタンだけではなく、その他必要なものとして

パラフィンオイル

燃料です。これがないとつきません。

芯の替え

燃料についている芯に火をつけるので芯も使っていくと無くなるので替えがあると便利です。


あとは、ライターがあればオッケイです(*´ω`*)

 

その他、amabou憧れ オイルランタン(加圧式)

加圧式のオイルランタンは火つけ作業が増えますが、光量も強いです。

値段も1万円では買えないものが多いです。

ペトロマックス

  • 値段:40,000~50,000円
  • 特徴:ランタンの王様と言われているランタン。光量がつよく、目が痛くなる。見た目もよくいつかは手に入れたい、憧れの一品。

まとめ

初心者の方は、

  • 非加圧式のオイルランタン
  • LEDのランタン

を持ち合わせると十分です。

lantern beside black metal hook on brown furniture

キャンプの明かりは照らすだけでなく雰囲気作りもあります。

 

メインでの使用はLEDランタンになると思います。

あくまでもオイルランタンはボーっと見惚れるものです(´▽`*)




悩んでいた方、ぜひお試しあれ~(´▽`*)

 

おしまい