雨の日のキャンプ対策!!やって良かった準備はコレ(´▽`*)

どーも、amabouです。

 

先日、ファミリーキャンプに行ってきました(*^▽^*)

天気は、あいにくの晴れ時々激しい雨

Rain, Weather, Poorly, Background, Snow, Winter, Window

我ながらよく行きました(;´・ω・)

 

おかげでこの日が初おろしのテントだったので雨つけができました( ;∀;)

どうしても行きたかったのでしょうがないです。

 

まぁ、ただ事前の確認はしていたので、

覚悟とある程度の準備はしていました。

 

amabou
amabou

今日は、雨の日のキャンプ対策の準備でやってよかったことをブログで書いていきます。

 

スポンサーリンク

雨のキャンプ対策でやってよかったこと😄

①テントの防水スプレー

新品の靴にはまず防水スプレーをかける私。

テントも事前に同じように防水スプレーをかけていました。

 

2ルームテントだとスプレー2缶ほどあった方がおススメです。

 

実際、雨も良くはじいていました。

やるとやらないでは違うと思います。

②タープを張る

Outdoor, Hammock, Bushcraft, Survival, Warehouse

雨の日はテントだけだと、行動範囲が狭いです。

タープを張ることで雨だけでなく、暑い夏の直射日光も避けれます。

 

キャンプに行ったら、、、、、

「焚き火がしたい、焚き火で料理がしたい、外でご飯が食べたい」

 

このような方はタープを張ると便利です。


ポリコットン生地のタープは重いですが、焚き火に強いので個人的におススメ

 

③靴とは別にサンダル系のすぐ履けるものを準備する

「アウトドアをするのであれば靴がいい!!」

とても、わかります。

 

足場の悪い岩場等、場所次第ではちゃんとした靴安全です。

person wearing brown shoes standing on dirt and stone ground

ただし、特に雨の日はサンダル系のすぐ履けるものが便利です。

 

理由としては、

雨の日は基本的にテントかタープの中にいることが多いです。

ただ、トイレやシャワーなどの行ったり来たりは必要

 

普通の靴で行くと靴のカカト部分を踏んだり雨で濡れたりと。靴下も濡れます


クロックスに長いタイプの靴下

個人的にはこれが一番です。

 

ただし、あくまでもサンダルなのですべりには注意です。

 

④グランドシートの大きさ

グランドシート・・・・テントが汚れないようにテントの下に敷くシート

このグランドシートは大事です。

 

シートの長さが足りないによっては、

インナーテント(寝室)に雨が染み込むことがあります。

おねしょのイラスト(男の子)

「いや、してません(笑)」

となります。

 

しっかりしたサイズで確実に敷いていきましょう!!


前室があるテントであれば、前室にもグランドシートを敷いた方がいいです。

テントの中で快適に過ごせます。

 

スポンサーリンク

まとめ

雨の日のキャンプはイヤな人が多いです。

 

雨でなくとも夜露でもテントは濡れますが、しっかりテントは乾かす

これはカビの予防になります。

Wet With Rain, Rope, Color, Rain, Water, Mountain

ただ、雨の日でないと体験できないこともあります。

雨音や夏なのに涼しく過ごせるです。

 

大雨の日はキャンプはやめた方がいいでしょう。

ただ、少しくらいの雨であれば、対策をして行ってみるのもたまには、、、。

です(´▽`*)

 

おしまい