【2021 冬】薪ストーブ、どれにしようか悩んでいますってブログ!!

ども、amabouです(´▽`*)

 

前回、テントを購入してそれにセットする薪ストーブを検討中(;O;)

(⇩前回購入したテントのブログ)

【2022 冬】冬用テント購入決定!!POMOLYのTCワンポールテント(*^▽^*)
どーも、amabouです。前回のブログでワンポールテントと薪ストーブの購入を考えていました(*´Д`)(詳細は⇩のブログを参照ください)色々考えた結果、購入するものを決めました!!今ブログは、その紹介です(´▽`*)今期の冬キャン テント購

 

このテントには薪ストーブの煙突穴が付いています(´▽`*)

 

POMOLY YARN PLUS TC ワンポールテント 2-4人用 コットンテント(煙突穴付き)

出典:POMOLY HP

 

「薪ストーブ買わなきゃ( ゚Д゚)」

※キャンプ沼ハマり中(笑)

 

「もうこれである程度揃った(キャンプギア)ので、、、、。」

 

スポンサーリンク

薪ストーブとは、、、、、

iStock Image

 

名の通り、薪を入れて燃やして暖をとるキャンプギアです。

※一酸化炭素中毒に注意!!

 

秋や冬のキャンプで防寒の道具として最強なキャンプギアです。

雰囲気もあるので1台は欲しいギアです。

 

ただし、場所は取るし一酸化炭素に注意しないといけないし大変です。

 

でも欲しいです(*´Д`)

 

そんな一品!!

 

スポンサーリンク

検討中の薪ストーブ

①Anlik 薪ストーブ

  • 値段:13,200円ほど
  • 特徴:とにかく安い。ベアーズ 島田さんが取り上げていた。不具合ありそうだけど安いし、煙突付きだし。Amazonの評価も悪くない。失敗しても「まぁいいか」ってなりそう。

②POMOLY チタン薪ストーブ

  • 値段:49,000円ほど
  • 特徴:買ったテントと同じメーカー。値段はするが、チタン製なので軽いし頑丈。色もチタンブルーで味がでる。本体部分も折りたたみができかなりコンパクト。ただし、煙突が巻くタイプなのでケガしやすい。(型が付くとやりやすいらしい)ただ、本体も煙突も掃除はしやすい。

③ウィンナーウィル ノマドビューSサイズ

  • 値段:49,000円ほど
  • 特徴:ガラス窓。火が見えます。夜は良い雰囲気を出すと思います。有名どころの薪ストーブで持っている人も多い。なので安心(´▽`*)

④マウントスミ アウトドア薪ストーブ オーラ

  • 値段:59,400円ほど
  • 特徴:上のノマドビューと一緒でガラス窓で薪を入れるスペースを広い。3人くらいで囲むのでちょうどいい。天板が広いので調理もしやすい。

⑤新保製作所 ソロ薪ストーブ インサートス

  • 値段:42,000円ほど
  • 特徴:ソロ用の薪ストーブ。Amazonなどでは売っていない。開けるドアがガラスで広い。もちろん、調理も可能。煙突は短いので延長が必要。見た目は一番好き。

インサートス

出典:新保製鉄所 HP

 

まとめ

 

色々見ました(゚д゚)!

大変、悩み中です。

 

それまでは、アルパカストーブで暖をとって乗り越えます。

 

おしまい