MENU

【牛深 2022】富岡漁港で旬のコウイカキロアップの曇りエギング♪

どーも、amabouです。

久しぶりにエギングに行ってきました♪

場所は、富岡漁港です。

天草本渡に渡って五和の方(鬼池、通詞島の方面)に向かうとある漁港です。

春イカシーズンですのでワクワクして楽しかったです(´▽`*)

スポンサーリンク
目次

状況

  • 現場の到着時刻 5時
  • 天気 曇りのち晴れ
  • 気温 15度ほど
  • 満潮 5:59 引潮 12:00

ちょうど、上げ(満潮)の状態で潮は最高です。

気温も暖かいので富岡漁港のこの場所は浅場があるのでエサを求めに大きなイカが来る可能性は高いです。気温が低いと沖に行っている可能性が高いですが(;´∀`)

コンディションは最高ですね。

この写真を写したところに人がいたので奥の方に行って釣りをしました。奥の壁側に魚の通り道になっているので「ラッキー空いていた♡」です。

この壁沿いに丁寧にエギを投げていきます。

今回使用したエギ

着いてすぐ5時薄暗い

カンジインターーナショナル クリックス プロスペック3.5号 パープルポイズン



雲が多くて薄暗い時は下地 紫を使います。

この日は、天気は曇りのち晴れ。

のちに明るくなると、下地 レインボーに変更します。

曇りは続くけど、少し明るくなってきた6時

ヤマシタ エギ王K スケスケキャンディー3.5号



曇りでも紫外線はあるので曇りに強いレインボーと紫外線に反応するケイムラボディーを使用します。

正直ハマる時(釣れる時は)は釣れるのですが、釣れない時はハッキリしているので曇りの朝には使ってみることが多いです。

実釣開始

だいたい、エギングで釣れる時は1~5投付近で釣れることが多いです。

それでも釣れない時は違う場所に行きますが、何か今日は釣れそうな雰囲気でした。

基本的に堤防内に来るイカはエサを食べて帰ることが多いので潮の流れを見ながら浅場と帰り道を交互に投げていきます。

アクションとしては、シャクリは優しく1~2シャクリほど。

10投くらいでしょうか。

下地 紫のエギでは、アタリなく、、、。



エギ王K レインボー ケイムラに変更。

だいたい、中層 ⇒ ボトム(底付近)で探っていきます。

5投目くらい

人が来ていたのでシャクリ後のステイを長めにしていたら、、、。

ぐぅーーーーー。

(イカだ)

ぐーーーーぐぅーーーーーーーーーー。

(サイズもまあまあ)

あがってきたのは、、、、。

コウイカです。

まぁシーズンなので(*´ω`*)

一応、キロオーバーです(´▽`*)

ボーズは逃れました(笑)

引き続き、、、、、。

もしかしたらジアイ突入か。

2投目。

ボトム(底付近)をシャクリ1~2して長めにステイ(何もしない)をしたら、、、。

ぐーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

(いました。引かないなぁ。)

あがってきたのは、、、。

キロないくらいのコウイカgetです。

別名 スミイカと言われます。

凄い墨でした。

2杯釣れたので帰ります(´▽`*)

世は満足じゃ(´▽`*)

料理

醬油バター炒めとビール

食べきれない分は、冷凍します。

作ったのは、刺身(写真なし)とバター醬油です。

帰ってきたのが10時くらい色々道具の手入れなどして11時半。

昼ですが、ビールと乾杯します(´▽`*)

勿論、「うまかぁ~。」です。

コウイカはアオリイカに比べて硬いです。でも、肝はアオリイカよりも濃ゆいので美味しいです。刺身で甘いのはアオリですが、歯ごたえはコウイカです。

案外、食べるのはコウイカが好きな方もいます。

楽しかったです。

おしまい

スポンサーリンク
目次