MENU

【キャンプ初心者必見】キャンプの時の荷物運びに便利なことや考えを紹介!!

・(フリーサイト)キャンプでの駐車場からキャンプ地までの荷物運びが大変です。

少し離れた駐車場からキャンプ地まで道具の持ち運びをしないといけない所があります。

フリーサイトであれば、当たり前のことです。

※オートサイトではそこまで不便ではありませんが。(⇩に詳細)

https://amaboublog.com/archives/2927

ファミリーキャンプや冬のキャンプは荷物が多くなるので大変です。

amabou
amabou

夏は、その作業でひと汗かきます。

『それもキャンプ!!ラクを求めるものではない』と言われたら何も言えません(笑)

ただし、色んな工夫ややり方があります。

この記事は、色んな道具や工夫荷物運びを少しはラクにできる紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

駐車場からキャンプ地へのラクな荷物運び方法

①カートを使う

Free photos of Wheelbarrows

まずは、一輪車やカートを使うです。

元々、キャンプ場の管理棟にある場合もあります。(確認が必要です

amabou
amabou

その時に気にせず使った方がいいです。(2馬力はあります

重たい石油ストーブやクーラーボックス等も楽々運べます。

もしもなかった場合は、⇩おススメです。


②一時的に車を可能な限りキャンプ地のそばにやる

Free photos of Cars

急いでおろして急いで車を駐車場に停める。

(ただし、あからさまに良くない路駐は厳禁です)

amabou
amabou

「よく停めているな・・・・」と思ったら管理棟に尋ねてみましょう!

管理棟の許可があって家族が複数いる場合コレがおススメ

③できる限り一つの大きなリュックにまとめる

Free photos of Journey

各個人が各リュックを持つ。

「自分のキャンプ道具は自分で持つ」ということです。

荷物は持つよりリュックをからう方がラクです。

一人(ソロ)キャンプの方は、一つのリュックで行く方が多いです。

amabou
amabou

一つのリュックに収まる道具を買います。

一人(ソロ)キャンプだから成り立つことでもあります。

【amabouが使っているリュック】



ファミリーキャンプでは、

  • コンパクトな料理道具だと料理がしにくい
  • テント自体大きい(リュックに入らない)

などなどコンパクトにこしたことはありませんが、不便です。

【まとめ】

①カートを使う

②一時的に車を可能な限りキャンプ地のそばにやる

③できる限り一つの大きなバックにまとめる

パパやママのカッコよさを見せる場面

group of people carrying hiking bags walking on hilltop during daytime
重たい荷物をもって行くのは誰でもい嫌です。
でも、案外子供と一緒に行ったキャンプなどでは子供はよく見ているものです。
この時頑張っているパパママに子供は「パパ、ママって力あるなぁ~。凄いな~。」なんて思っています。
amabou
amabou

案外、子供が大きくなっても覚えていたりします。

大変ですが、笑顔でいきましょう!

一人(ソロ)キャンプの場合は自己満足ができる

man standing beside camping tent wearing headlamp during nighttime
「一つのリュックにその日一日の使用するものを入れる。」
それだけですごく感じます。
amabou
amabou

リュックなんて限りがありますので、必要最低限のものをもっていくことになります。

案外、一人(ソロ)キャンプの方は一つのバックでキャンプ乗り越えることは前提でキャンプ
をしていることが多いです。

最後に

【まとめ】

①カートを使う

②一時的に車を可能な限りキャンプ地のそばにやる

③できる限り一つの大きなバックにまとめる

一番、家族でも一人(ソロ)でも使えるのはカートです。
キャンプ場に置いてある場合は借りれますが、自分の愛用のカートを購入するのもいいかもし
れません。


楽しいキャンピングライフを♪
おしまい
スポンサーリンク
目次