【初心者必見】磯エギングをやってみよう!!②磯エギングの釣り方を学ぶ

どーも、amabouです。

昨日は、磯エギングで磯について学びました。

詳細は⇩のリンク

【初心者必見】磯エギングをやってみよう!!①磯エギングとはなにかを学ぶ
どーも、amabouでやんす!!amabou「春イカ釣れん。私には春が来ない!!('Д')2キロの春海藻は釣れた!!」ということで、よく雑誌見ていたら磯で釣っているのが多いなと思って磯の方が釣れるんじゃないかということで

 

今日は、磯エギングでの釣り方を学びます。

スポンサーリンク

磯エギング 時期

春夏秋冬、九州では一年中アオリイカは釣れます(´▽`*)

基本的には、堤防と一緒です。

「デカいの春、数釣り秋」

大きなイカを狙うなら春は産卵の親イカが釣れやすい時期なので春はおススメです。

秋は、ふ化した新子(子イカ)が好奇心旺盛に来てくれるので小型の数釣り時期です。目の前でイカのエギを抱いた様子が見えます。(サイトフィッシング)

 

スポンサーリンク

ライン(糸)とエギ

ライン(糸)

PEラインがおススメです。

通常、アタリがとりやすく飛距離が出るのは0.6号です。

春など大きなイカを釣るときは0.8号~1号が安心です。

※リーダーはPEの号数に合わせていきます。

 

amabou
amabou

「磯は岩場なので気持ち的に太めの0.8号で行くと落ち着きます。」

【おススメ エギPEライン】

エギ

春は大きなサイズを期待するので3~4号です。

  • 巨大イカの有名スポットなら4号メイン
  • 巨大イカも時々くるけど、、的な普通のスポットは3~3.5号で3.5号メイン

秋は小型の新子も狙えるので2.5~3号です。

  • 見え新子が見えたら2.5号メイン
  • 新子以外も沖に投げて狙いたい場合は3号メイン

夏冬は3号メインですが2.5号~3.5号を状況次第で使っていくといいと思います。




エギのタイプに関しては場所次第です。

ボトム(底)や潮の流れが強い時を狙いたいとき・・・ディープタイプ

シャロー(浅瀬)を狙いたいとき・・・シャロータイプ

 

※ノーマルタイプはディープとシャローのタイプの間です。

 

磯エギングの釣り方・ポイント

しっかり道具の準備が終わり、潮位や風等確認したらいざ磯へ!!

釣り方(堤防と変わりなし)

春の場合≫

ボトム狙いで足元や遠投してイカを探ります。シャクリは1~2回くらい(強さの緩急つけて)、ボトムステイでも釣れることがある。

遠投の場合は、岩を確認してエギを動かしていかないと岩に引っかかりますので注意!!

 

≪秋の場合≫

中層~表層を狙います。シャクリは4回くらいしてもいいです。好奇心旺盛な新子(小型のイカ)が抱きに来てくれます。ただ、釣れる時はフォールの時です。(沈めている時)

 

釣りポイント

基本的にベイト(小魚やエビ等)のいる所か産卵できる所等にいます。

潮目や沈み根、藻場等は磯でなくても狙いのチャンスです。

 

磯では、サラシがあります。

サラシ・・・流れが岩にアタリできた泡だっている所のこと。

小魚等が集まってくるので狙いです!!よって、足元も狙います。

 

まとめ

釣り・フィッシングのイラスト

磯は危険ですが、ちゃんと準備と情報を得ていくことで釣れるチャンスや幅が広がります

最近は、釣りする人が増えてきていますので、土・日曜日はライバルとの場所どりも釣りとなります。そのために、釣れない時間も堤防に居続けるという努力も釣りと思っていました。

 

磯は比較的少ないので少しずつ磯エギングをしていこうと思います!!

 

おしまい