【初心者必見】エギングの色んなライン(糸)があるけど、どれがいい?

どーも、amabouです。

 

 

釣れる魚しだいでライン(糸)は違ってきます。

基本的にはどれも糸なので使えないわけではないのですが、専用のライン(糸)は使い勝手のよさが違います。

 

woman wears blue cardigan

 

今日は、エギングのPEライン(糸)とショックリーダーについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

エギングのラインについて

 

ライン(糸)の基礎について

 

釣りで使用するラインは、大きく分けて3種類あり、特徴もバラバラです。

  • ナイロン
  • フロロ
  • PEライン

 

【ナイロンの特徴】

比重が1以上で海水に浸かると緩やかに沈みます。

「THE ライン!!」で万能なライン(糸)で色んな釣りで使えます。リールに馴染みやすく糸の出もいいです。強度もフロロより強く、伸びもいいです。

ただし、馴染みやすいがゆえ、吸水率が高く紫外線に弱く劣化しやすいです。又、伸びがいいのでアタリがとりにくいです。

 

【フロロの特徴】

比重が1.6以上なので海水に浸かるとナイロンより早く沈みます。

ナイロンより擦れに強く、エギングのように藻場で根回りを攻める釣りに向いています。ナイロンよりも伸びは劣りますが根ズレに強いのは強みです。

 

このフロロがPEラインに直結するショックリーダーの糸としては最適です。

 

amabou
amabou

「PEラインとリーダーを結び方を覚えるのが大変です。

そういう時は最初は、ナイロンかフロロだけでもいいかも。」

 

【PEラインの特徴】

比重は1未満なので海水に浸かっても浮きます。

エギングだけでなくルアーフィッシングではメインラインとして使われます。ナイロンに比べて引っ張り強度は2倍は強いです。伸びがほとんどなく、アタリは取りやすいです。

 

メインラインとしてPEラインが一番いいです。

 

出典:シマノ

ラインの太さについて

 

通常エギングのPEラインは、0.4号~1号を使います。

 

春の時期は大きな春イカが釣れることもあるのでPラインの太さは0.8号~1号

ショックリーダーは3号です。

この春以外PEライン0.4号~0.6号にショックリーダーが2号~2.5号です。

 

 

太ければいいものではなく、細ければ感度と飛距離が出ると言われています。

 

person in boat on sea during daytime

 

ラインの色について

 

イカにはラインの色はあんまり関係ないようです。

どちらかというと、釣り人側が見てアタリを取りやすい色のラインがいいかもしれないです。

 

スポンサーリンク

メンテナンスの必要性

 

Auto Repair, Oil Change, Oil, Auto, Shop, Repair, Work

 

前回のPEラインは半年くらいラインを変えずに釣りをすることができたので長持ちしました。

 

ただし、長く使えるにはラインやリールのメンテナンスをしてライン(糸)トラブルを抑えながら丁寧に使う必要があります。ライントラブルが少ないので長く使えているのでしょう。

 

【おススメ ラインとリールのメンテナンス道具】

 

最後に

 

何でも大事に丁寧に使うと、長持ちするものです。

ゴミは持って帰りましょう!!

ただ、海で使うので劣化がありますので定期的に糸の確認をして細目に変更していくことをおススメします。

 

【amabouが使っているPEライン】


ラインに関しては釣具屋さんの売り出しの時は同じくらいですが売り出しじゃない時はAmazonで買った方が安いです!!

 

 

おしまい